陶器のような肌に仕上げる|乾燥肌になる原因はクレンジングかも

レディー

肌とビタミンc

基礎化粧品

敏感肌の場合は注意が必要

ビタミンc誘導体はビタミンcが浸透しやすいように改良された成分で、美白・ニキビ対策・アンチエイジングを目的とした化粧水によく配合されています。しかし、ビタミンcはすっぱいイメージから連想できるように刺激が強いとされています。敏感肌の人や、肌が敏感になる時期に使用するのは控えた方が良いです。肌が敏感になる時期はニキビができやすい生理前と、疲労している時です。普段はビタミンc誘導体の化粧水を使用した際に肌に異常を感じなかった人でも、ヒリヒリ感などを感じることがあります。そのような異常を感じた場合、もともと敏感肌でなくビタミンc誘導体配合の化粧水を使用していたなら生理周期や疲労の具合を考慮して使用時期を調節すると良いと思います。

浸透して効果を出す誘導体

ビタミンcには、メラニンの活動を抑える働きや排除をサポートする働きがあります。食べ物から摂取したり肌に浸透させることでその効果が得られますが、ビタミンcは脆く壊れやすいので肌に浸透しにくい特徴があります。その特徴を解決し、肌にしっかり浸透するように改良されたのがビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体はビタミンcのままとは違い、肌の奥にまで浸透する力があります。奥にまで届きちゃんと保湿されることで、メラニンをやっつけるために活躍したりコラーゲン生成の助けとなります。コラーゲンはビタミンcがいることで生成が促されるので、たるみやシワ予防に必須です。ビタミンc誘導体の化粧水は多く見かけますが、用途は商品により異なります。年齢問わず取り入れたい成分なので、化粧水を選ぶ時は要チェックな成分です。

Copyright © 2016 陶器のような肌に仕上げる|乾燥肌になる原因はクレンジングかも All Rights Reserved.